東京15区 第49回衆議院議員選挙
桜井誠、鉄槌を下すため出馬を決意!

2021年秋、我が国では武漢肺炎禍の中、経済は疲弊し、医療は切迫し、庶民一人一人の生活基盤までが失われる危機に直面しています。
国の指導者の引き起こした人災ともいえる国難の中、力なく緊急事態宣言を繰り返し、無能を極める政治家を見て、平時には見ることのできなかった衣の中の真の姿を見たのではないでしょうか。
ここ東京15区では、金に塗れた薄汚れた政治屋の悪行(実像)をはっきりと見ることが出来ました。
IR事業を巡る汚職事件では支那企業からの収賄と、事もあろうに証人の買収までやってのけたの男の罪は懲役4年の実刑判決でした。
この間の保釈金はなんと、3,000万円(2020年2月)、8,000万円(2021年6月)、そして1億円(2021年9月)です。
私たち庶民の感覚では到底考えられないような見たこともない金額です。
政治は金になるのでしょうか?
とてもこのような男には私たちの未来を預けることはできません。
しかし、その被告”秋元司”はこともあろうにまだ「政治家を続ける」とのことです。
上級国民の考えることはわかりません。
一般的に秋元司のような男を恥知らずと言います。

そんな中、第49回衆議院議員選挙が行われます。
我が日本第一党は、比例東京ブロックから4名が出馬し、東京15区からは党首桜井誠が出馬を致します。
今回の選挙戦は活動の幅が比例ブロックである東京都全土となり、また、組織票が強いと言われる小選挙区の東京15区です。
現在、想定される選挙活動期間は短いことが予想され、短期集中の活動となることは必至です。
我が党にとってここが正念場となります。
そして、桜井は江東区民に目を覚ましてほしく、国民目線をなくし、選民思想の塊の男に罵声を浴びせるために出馬します。
桜井誠は、秋元司に鉄槌を下します。
国民のための真の民主主義を今こそ築き上げましょう。

令和3年9月吉日
桜井 誠

サクラサク-プロジェクト
一人必死となれば万人を揺るがし、

万人必死となれば国をも揺るがす。
東京決戦!

日本第一党は、第49回衆議院議員選挙に比例東京ブロックに4名が出馬し、東京15区には党首桜井誠が出馬を致します。
昨年の都知事選において実証された皆様のポスティング活動は戦いにおいて大きな力であり、カギです。
もちろんSNSでの拡散、街宣、VR街宣、新聞折込等も連動致します。
今回の選挙戦は活動の幅が東京都全土となり、我々はかってない大きな戦いに挑むこととなります。
一人一人の力を結集し、日本第一主義の大きなうねりにしていきましょう。
皆様からのご支援お力添えを賜りたくお願い致します。

令和3年9月吉日
選対本部長 米田隆司


/////  告知  /////

ポスティング活動を行います!
東京都内を「日本第一党」のチラシで埋め尽くしましょう!

<お申し込みはこちらから>


武漢肺炎の変異型ウイルスの再度の拡がりが懸念されますので活動に参加をする際には、くれぐれも感染予防に留意をお願い致します。


自国民の権利、自国の国益を第一にする、こんな当たり前の主張が堂々とできない日本に疑問を感じていませんか?
当会では、日本第一主義の政治を実現するため、桜井誠を応援する会の無料会員を募集しています。下記フォームより、ご登録をどうぞよろしくお願いします。
登録以外のお問い合わせ(メールアドレスの変更、登録の解除)については、こちらのフォームからご連絡下さい。


会員登録フォーム  ※こちらは入会登録申し込みの専用フォームです※

    メールマガジンの配信を希望しますか?
    希望する希望しない

    ※ご登録いただくと自動返信で登録受付メールが送信されます。しばらくしてもメールが届かない場合は、登録メールアドレスが間違っている・迷惑メールに分類されている・ドメインが着信拒否になっているなどの可能性があります。