プロフィール

桜井 誠

政治活動家。在特会(在日特権を許さない市民の会)初代会長。行動する保守運動代表を経て、新党「日本第一党」党首。反日国家韓国の実態を早くから訴えてきた。平成28年7月の東京都知事選挙に出馬。11万票を獲得し、話題となる。選挙後、「ジャパンファースト(日本第一主義)」を掲げる同党を結成。真の戦後レジーム脱却を目指し活動中。最近現実味を帯びてきた「日韓断交」をいち早く訴えてきたことでも知られている。

主な著作に爆発的ヒットとなった『大嫌韓時代』(青林堂)の他、『ネトウヨ アメリカへ行く』『ネトウヨアメリカへ行く2』(日本一出版)、『日本第一党宣言』『大嫌韓日記』『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です!』(青林堂)、『反日韓国人撃退マニュアル』(晋遊舎ブラック新書)など。